ニュース

邦画史上の大快挙!『君の名は。』、興行収入200億突破確実か。千と千尋の神隠しに次ぐ邦画歴代2位へその名を刻めるか。

2017/04/30

title

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

今年の映画界最大トピックとなるだろう『君の名は。』が、どうやら最終興収で200億円を超える見通しが立ったようだ。確定ではないが、公開9週目にあたる10月22、23日の土日成績を踏まえ、関係者への取材も含めて、やっとこの段階で、そう推定できる。この2日間では、興収4億7629万円を記録。何と前週の101.8%と、またしても数字を伸ばしたことが、この推定につながった。ちなみに、23日時点での累計は、164億1082万円だった。

 
http://www.oricon.co.jp/special/49471/

 

来週中に『踊る大捜査線2』(174億円)を超え、邦画歴代4位へ

この推移から、邦画の歴代興収では、来週中に『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボ―ブリッジを封鎖せよ!』(174億円)を超え、第4位に食い込む。その上は『千と千尋の神隠し』(308億円)、『ハウルの動く城』(196億円)、『もののけ姫』(194億円)の3本だけだ。これで、おそらく邦画興収歴代2位の可能性が出てきた。200億円というとてつもない数字は、簡単に活字にはできない。9週目に至って、やっと“見通し”として記述することができた。興行とは、ここまでデリケートな側面をもつ。

 
http://www.oricon.co.jp/special/49471/

 

来月、シンガポール・香港・イギリスで公開へ

このように、これから公開される国もございます。それを考えると、まだまだ興行収入・動員人数共に増加することが見込まれます。

 
『君の名は。』旋風、まだまだ収まるところを知らないといったところですね。

 

 

-ニュース

スポンサーリンク
スポンサーリンク