運営情報

英語版の記事も執筆します

2017/04/30

grobal

 
当サイトの国別のアクセスログを見ておりますと、意外と海外からのアクセスが見受けられます。特に中国圏とアメリカ圏からのアクセスが顕著でございます。これは『君の名は。』が世界でも流行っていることの証拠であり、管理人といたしましても非常に嬉しい限りです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

アクセスログ画像参照

アメリカ圏
usa
中国圏
chinese
国別アクセスランキング
ranking

 

記事URLのルール

記事URLのルールとして、英語版の記事は日本語版の記事URLの最後に -en を付けたものとします。

URLの例
日本語 http://kiminonaha.net/management/introduction
英語 http://kiminonaha.net/management/introduction-en

 

中国語版記事は書かないのですか?

chinesemark

 
国別アクセスランキングが2位なので中国語版記事も書いた方がよいのは間違いありません。ですが、書かない理由は単純です。書かないのではなく、書けないのです。。第二外国語で中国語を選択しておりましたが、スタンダードレベルの知識しか習得できませんでした。。申し訳ございません。

 

管理人から

英語版の記事を書くとは言え、管理人の英語レベルはTOEIC730付近のレベルなので、そこそこのリスニングやライティング、スピーキングはできるものの、英語能力に非常に秀でているといったわけでもございません。そのため、文章的におかしい部分も多々出てくると思いますが、その際はご指摘いただくか、温かい気持ちで脳内保管して読み進めていただければ幸いです。

 
なお最多ユーザー数は日本圏なので、基本的に日本語の記事を最初に書いて、余裕があるときに英語の記事を後から保管していくというスタンスなので、日本語版の記事がおろそかになることはございません。ご安心くださいませ。

-運営情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク